2015年5月18日月曜日

PGH インディアンの警告 DK10

「長い冬」にはインディアンが厳しい冬を白人に警告する話があります。七年ごとに厳しい冬がやってきて、二十一年目の冬がいちばん厳しい、その冬は七ヶ月続くと白人移住者に告げて、とうさんが噛み砕いて皆に説明するくだりです。
「パイオニアガール」には、とうさんの説明はありませんが、インディアンの警告の話は登場します。

この警告話はまったくの創り話ではないようです。「長い冬」に描かれている厳しい冬は1880-81年ですが、それ以外にも、先住民が天候の異変を警告する記録が、当時の新聞にいくつか残されているからです。1878年の一月のミネソタの新聞には、ミネソタに五十年近く住む混血のインディアンが、十二月は、これまででいちばん暖かかったと告げている記事があり、その三ヶ月後、老インディアンが六月と七月にミシシッピ河の氾濫で洪水になると予測していると、同新聞は報告しています。当時から先住民は、昔ながらの言い伝えや生活の知恵を、白人移住者とシェアしていたようです。


「小さな家」のインディアンの描写は、差別や偏見がしばしば問題になるため、ヒルは注釈をつけていて、以下のようにワイルダーを弁護しています。

「長い冬」の中でワイルダーは、インディアンに文法的に正しくない英語をしゃべらせているため、現代の読者には、先住民を軽んじているようにみえるかもしれない。けれども、とうさんは彼に敬意を示しており、インディアンの知恵と知性が強調されている。現在の読者にはステレオタイプのインディアンに映るかもしれないが、実のところ、それは肯定的にものごとを捉えるワイルダーの創造性によるもので、先住民を侮辱しているものではない。「ワイルダーは他の民族を画一的にみているという見解は、ある民族を否定的なステレオタイプにあてはめることに、ワイルダーが疑問を呈しているのを否定することになる」とドナ・キャンベルは指摘している。


1990年代はポリティカル・コレクトの時代で、「小さな家」に先住民の描写が問題になり、多くの人がワイルダーの弁護を試みました。ヒルの注釈はワイルダー側にたつ典型的な弁護の一つです。ヒルの主張はもっともで、ジョン・ミラーのいうように、ワイルダーの生まれそだった時代背景を考慮すれば、批判よりも、当時の差別や偏見にとらわれなかった彼女を賞讃するべきだというのも一理あります。


ただワイルダーを弁護している人々は、白人の枠組みの中でしかものごとを考えていない人が多いのも事実です。 彼らにとって西部開拓は「明白なる神意」であり、インガルスのように神の御心を遂行した者は善良なる人々です。アメリカの基盤となった西部開拓を否定することはありません。アメリカ建国そのものを否定することになるからです。
そこに先住民側の主張との食い違いがあります。ワイルダーを弁護する人々は、その食い違いに気づいていないか、目をそむけているか、中には関心のない人もいるようです。


もしも一般の読者や学者が、先住民の痛みがわかっていたのなら、あるいはわかろうとしていたなら、1990年代に先住民が怒りの声を上げる前に、先住民の視点から「小さな家」を読む努力をしていたと思うのです。そうしていたのなら、読者や学者によるワイルダーの弁護は十分に説得力があります。でも、そのように努力していた人々は、何人いるのでしょう?

 
先住民が怒りの声をあげても、彼らはワイルダーを弁護をするばかりで、自らの努力や配慮を怠っていた反省もみられません。学者も例外ではありません。そういった彼らの態度を糾弾した論文もあるほどです。
最近の若い世代のアメリカ人は先住民の視点も含めて「小さな家」を読もうと努めています。それは1990年代を経て大きく変わりました。その点は大いに評価するべきでしょう。 はたして先住民への配慮を怠ったってきた反省を、彼らが口にする日は来るのでしょうか? もしもその日が来たら、先住民側の怒りも少しは和らぐと思うのですが。


 先住民側が指摘するように、ワイルダーも白人の枠組みの中でしか「小さな家」を執筆していません。でも、そうするしかなかったのでしょう。西部開拓を否定したら、彼女自身の人生を否定することになるからです。そうすれば「小さな家」は執筆できませんでした。
ただ、その枠組みの中で、ワイルダーはささやかながらインディアンへの配慮をしています。現在の読者からみれば、物足りなさを感じたり、偏見や差別と映るかもしれません。でも、ワイルダーの生まれ育った1860年代後半〜80年代と、彼女が執筆した1930年頃のミズーリ州の時代背景を考慮すると(彼女はミズーリに暮らしていた)、時代の偏見や差別にとらわれない、しなやかな人物像が浮かんで来ます。


ワイルダーは先住民の苦悩を知識として知っていただけではなく、わかっていたように思えます。「もしも私がインディアンで、この地を立ち退かなければならなくなったら、白人の頭の皮をもっと剥いだだろう」と日記に記しているからです。
日記は公に発表するのとは違います。誰も見ない日記には本音しか書きません。


「パイオニアガール」のかあさんはインディアンを嫌っていないのに、「小さな家」のかあさんはインディアンを嫌悪する人物に書き直されています。日記に書かれたワイルダーの本音に気づいたとき、かあさんをそのように描いたのは、先住民差別への問題提起だったのではないか、と思うようになりました。     
注釈からはヒルがどのような考察を経て、先の結論に達したのかはわかりません。一部の読者や学者のように、「私の大切なローラを傷つけたくない」という、ただの自己防衛かもしれません。
でも、「小さな家」の否定的なインディアンの描写は、ワイルダーなりの民族差別への疑問提起だったととらえるのなら、「肯定的にものごとを捉えるワイルダーの創造性によるもので、先住民を侮辱しているものではない」というヒルの見解に同意します。


西部開拓のすばらしい体験を執筆しながらも、ワイルダーは彼女なりに良心の呵責を抱えていたのかもしれません。だから、「小さな家」の中で、大好きなとうさんを二枚舌に描いたのかもしれません。ある人々は、それを偽善と呼ぶでしょう。そう言われても仕方ないと思います。
ただ、ワイルダーは彼女のできる範囲内で、出来る限りのことをしたのではないでしょうか? もしもそうならば、現在の私たちよりも、先住民の立場に寄り添えって、遥か先を見据えていたといえるでしょう。